Mother,Child,Family,Healthの歴史を創造する

e-mono e-情報

入浴&スキンケア

赤ちゃんは毎日の入浴で清潔に

入浴は毎日が基本です
 赤ちゃんはからだが小さいのに、大人と同じ数の汗腺があります。そのうえ新陳代謝もさかんですから、汗っかきで、肌が汚れやすいのです。こうした赤ちゃんの肌を健康に保つために、お風呂は毎日入れてあげましょう。
 最初のころは、ベビーバスでの沐浴が一般的です。汚れやすいおしりや性器のひだ、股間、首のまわりのほか、ひたいやほほなども石けんでやさしく洗いましょう。沐浴剤には洗浄成分と保湿成分が配合されており、石けんで洗うことに慣れないうちは便利です。お父さんも積極的にやってみてください。
 お湯の温度は夏は37 ~ 39℃、冬は38 ~ 40℃が目安です。赤ちゃんをいきなり熱いお湯に入れてしまったり、差し湯が熱すぎたりしてやけどさせる事故もありますから、必ず湯温は確かめましょう。湯温計などもあると重宝です。
 赤ちゃんの肌を洗った後は、ゴシゴシこすらず、タオルを軽くあてるようにして水分をふきとります。
分泌物が出てきたらやさしく洗って落として
 生後1か月前ごろまでの赤ちゃんは、ホルモンの影響で皮脂分泌がとてもさかんで、ひたいやほほに新生児にきびができたり、脂漏性湿疹になったりしやすいのです。分泌物が出てきたら、その部分は石けんの泡で包むようにやさしく洗い、よく流します。ただし、洗いすぎて必要な皮脂膜やうるおいまで落とさないようにしましょう。

赤ちゃんとお母さんのスキンケア

赤ちゃんの肌は大人とは違います
 赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の2分の1程度。だからとても傷つきやすくてデリケートです。しっとりすべすべした印象がありますが、じつは表面はカサカサです。皮膚は薄くて傷つきやすく、バイ菌などをブロックし、水分が抜け出るのを防ぐ「バリア機能」もまだ十分に働きません。汗腺の密度が高く、新陳代謝が活発なため汗っかきでもあります。あせもやおむつかぶれ、湿疹などの皮膚のトラブルが起こりやすいのもこれらのためです。ですから赤ちゃんの肌は、大人以上にていねいなスキンケアが必要です。
赤ちゃんのスキンケア
 スキンケアのポイントは「清潔」と「保湿」です。やさしく洗ってしっかり汚れを落としたら、すぐに保湿ケアをします。保湿クリームや保湿ローションをマッサージするように全身にやさしく塗り広げます。
 顔は特に乾燥しやすいほほや口の周りをしっかり保湿します。
お母さんのスキンケア
 妊娠中から出産後にかけて、使い慣れた化粧品が合わなくなったり、乾燥したりと肌荒れに悩むお母さんも多いですね。保湿効果の高いスキンケア用品を選び、洗顔後や入浴後はしっかり保湿します。乾燥気味だなと思ったらこまめなお手入れを心がけましょう。
▼商品 ▼企業
ポイズパッド フリーダム ポイズパッド 日本製紙クレシア
ポイズパッド 超スリム ポイズパッド 超スリム 日本製紙クレシア
すべすべみるる すべすべみるる 明治
アトピコオイルローション アトピコオイルローション 大島椿
アトピコスキンケアシャンプー アトピコスキンケアシャンプー 大島椿